インド福祉村協会の紹介インド福祉村協会の紹介イメージ

事業内容

認定特定非営利活動法人 インド福祉村協会は、民族、宗教を越えて日本とインドの両国民が共通の価値観を共有し、互いに学び合うことを理念として、インド国の医療に恵まれない人々に対して、プライマリ・ヘルスケアを中心とする地域医療活動と生活改善を通じての公衆衛生活動及び不就学児童らに対する教育推進のための援助を行い、その活動をサポートするボランティアの育成を行うことによって、インド国の医療の充実及び幼児教育の充実を図り、もって両国の友好に寄与することを目的としています。
診療活動として、クシナガラ(インド北部/釈尊涅槃の地)にてインド福祉村病院(現地名:アーナンダ病院)を開設、運営を行っています。

組織案内

組織図

役員&STAFF紹介

このたび2015年6月1日より認定NPO法人インド福祉村協会の理事長に就任することになりました。
山本孝之名誉理事が柴田顧問と一緒に1987年のインド福祉村病院建設準備委員会の発足から28年、インド福祉村病院(現地名アーナンダ病院)が開設されて18年となります。これほど長きに渡りインドのクシナガラという農村地域の中で、チャリタブルな病院を継続することができたのも本当に多くの皆様のご支援の賜物であると大変感謝しております。また開院以来、現地で身を粉にして診療を続けてくださっているグプタ医師にも畏敬の念を抱きます。
今後、前理事長の三木先生より理事長職を引き継いでいくにあたり、非常に大きな重責を感じていると同時に、このような大変魅力のある職責に就けたことをとても誇りに思います。
歴史的にも日本とつながりが深く、21世紀における重要なパートナー国となるであろうインドの十分な医療を受けることができず困っている人々に対して、私たちが少しでも力になれるよう、なお一層努力をしていく所存であります。
皆様の益々のご支援とご協力のほどよろしくお願いいたします。

理事長 山本左近
インド福祉村協会 定款
インド福祉村協会 役員
理事長 山本 左近 (医)さわらび会副理事長
専務理事 高木 元旲 慈専寺僧侶
常務理事 大竹 紘一 薬局経営 管理薬剤師
理事 三木 隆治 (医)三遠メディメイツ会長 医師
田中 久子 主婦、通訳ボランティア
中村 義博 (株)トラベルサライ代表取締役
樋口 恵子 NPO法人高齢社会をよくする女性の会理事長
K. L. バハル (株)インパックジャパン代表取締役
加藤 伸也 前名古屋大学附属病院技師
吉田 晃 大誠寺住職
伊藤 孝道 慈光寺住職
三瓶 宏一 遠隔医療(検診データ管理・分析)
監事 森 みのり 主婦
村田 智 (社)さわらび会
名誉理事 山本 孝之 (医)さわらび会理事長
顧問 柴田 昌雄 (医)生寿会顧問 医師
専門委員
税務 田中 英夫 田中英夫税理士事務所
医療 仲井 美由紀 看護師
芝山 章子 看護師
渡辺 康二 薬剤師
通訳 山野井 純子 ヒンズー語、英語
事務局
事務局長 請井 政広 (医)さわらび会
事務員 岩瀬 聖子

事業報告・収支報告

  • ボランティア活動に参加してみませんか?インド福祉村病院ヘルピングメンバー登録のお願い
  • インド福祉村協会 会報・ニュース・トピックス
  • 寄付金のお願い あなたの善意をインドの子ども達、人々に分けて下さい
  • ボランティア活動の感想 ボランティアに参加された方のレポートです
  • Give One オンライン寄付サイト
  • 協会の紹介1
  • 協会の紹介2
  • 協会の紹介3
  • 協会の紹介4
  • 協会の紹介5